クルマ・バイクを保管できるガレージハウス事業を展開…グッドシェアーズ【夢のガレージライフ】

自動車 ビジネス 国内マーケット

夢のガレージライフ
  • 夢のガレージライフ
  • 高額なクルマやバイクを安心して保管できる
  • 物件イメージ
  • 物件図面
都内にて女性専門のシェアハウス事業(プレシェア)を展開する、株式会社グッドシェアーズ(東京都港区・代表取締役社長 太原正裕)は、新たなコンセプト型マンションとして高額なクルマ・バイクを保管できるガレージハウス事業を開始する。

同社のガレージハウスの最大の特徴は、住居スペースのみならず高額なクルマ・バイクを保管できる場所を入居者に提供している点だ。

これらの車両は、例えば車では500万円から高いものでは1億数千万円するものもあり、砂、埃、雨は勿論、紫外線や鳥の糞害や虫などからも守らねばならない。

また、タイヤやホイールと言った部品の価格だけでも100万円から300万円程掛けられている車両も多く、セキュリティ面からもガレージが求められている。

さらには、バイクに関しても、高額なものだと3000万円を超えるものもある。昨今の市場では、MVアグスタ、モトグッチ、ビモータ、ドゥカティ、BMW、KTMなどの輸入車が人気を集める一方で、盗難問題が課題となっている。

そのため、セキュリティ面からも嗜好性からも安心して愛車が保管できる夢のガレージに対するニーズが高まっているもの考えられている。


同社のガレージハウス事業は、こうした通常の生活用途に属さない第二、第三のステージとして利用される新たな暮らしを積極的に提案していく。

【夢のガレージライフ】クルマ・バイクを保管できるガレージハウス事業を展開…グッドシェアーズ

《カーケアプラス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集