AGC旭硝子、三次元曲面形状の車載ディスプレイ用カバーガラスを量産開始…世界初

自動車 ビジネス 国内マーケット

車載ディスプレイ イメージ
  • 車載ディスプレイ イメージ
  • 三次元曲面形状のカバーガラス
AGC旭硝子は5月23日、三次元曲面形状を持つ車載ディスプレイ用カバーガラスの世界初となる量産を、京浜工場(神奈川県横浜市)で開始したと発表した。

AGCグループの車載ディスプレイ用カバーガラスは、車内の高級感やデザイン性を高め、表面処理により視認性・操作性を向上させる素材として、カーナビゲーションシステムや運転情報表示パネルで採用が進んでいる。2013年よりグループ会社であるAGCディスプレイグラス米沢(山形県米沢市)で車載用専用ラインによる平面形状タイプの生産を開始し、旺盛な需要に対応するため2016年4月には生産能力を増強した。

今回、量産を開始した車載ディスプレイ用カバーガラスは、AGCグループ独自の技術による三次元曲面形状のガラスに化学強化・光学成膜・印刷等の表面処理も施したもので、自動車の内装デザイン向上に寄与する。

またAGCグループでは、今後も車載ディスプレイの大型化や曲面化が進むことが見込まれるため、京浜工場において曲面形状の車載ディスプレイ用カバーガラスの生産能力を増強することもあわせて決定した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集