【SUPER GT第3戦】夏日の中、1万8200人が2年ぶりのレースを楽しんだ

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

イベントステージには多くのファンが集まった
  • イベントステージには多くのファンが集まった
  • ピットウォークも大盛況
  • ピットウォークも大盛況
  • ミニチュアホースのジャガーくんとひらめちゃん
  • ミニチュアホースのジャガーくんとひらめちゃん
  • くまモンフワフワ
  • おおいた”味力”(みりょく)フェスタ」や「ご当地うまかもんストリート」
  • おおいた”味力”(みりょく)フェスタ」や「ご当地うまかもんストリート」
SUPER GTシリーズ第3戦が5月20~21日の日程で、大分県日田市のオートポリスで開催された。

2016年シーズンの第3戦は5月に開催が予定されていたが、4月に起きた熊本地震の影響でオートポリスの建物や路面などが一部壊れ、中止になってしまった。懸命の復旧作業によりオートポリスは10月に営業再開となり、DUPER GTは2017年5月に、2017年シーズン第3戦として2年ぶりの開催されることとなった。

施設で地震の影響がわかるのは、オートポリスの名物とも言えたガラス張りのロイヤルテラスが、ガラスにヒビが入ってしまったことで取り壊され、表彰台にあったモニュメントも撤去されていたことだ。

決勝レース開催の21日は、真夏のような気候の中、1万8200人のファンが2年ぶりに開催されたSUPER GTの戦いを見守った。

ピットウォークではサインや握手を求めて長蛇の列ができていた。イベントスペースも多くのファンの賑わいが戻り、各展示ブースやトークショーには多くのファンが集まっていた。

九州各地の名産や名物が集まるイベント広場では「おおいた”味力”(みりょく)フェスタ」や「ご当地うまかもんストリート」と称し地鶏や赤牛、牧場地帯が広がる熊本の阿蘇地方のソフトクリームなどが人気を集めていた。
《雪岡直樹》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集