【人とくるまのテクノロジー2017】クラリオン、日立グループブースで統合HMI技術など紹介予定

自動車 テクノロジー 安全

日立グループブース
  • 日立グループブース
クラリオンは、5月24日から26日にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2017」の日立グループブースに、統合HMI技術や360度センシング技術などを展示する。

日立グループブースでは、日立オートモティブシステムズの先進運転支援システムや自動走行システムなどの技術を中心に、自動運転や電動化など、次世代車両の実現に向けた日立グループの幅広いモビリティテクノロジー、製品・システムを紹介する。

具体的には、日立オートモティブシステムズが開発した、高速道での渋滞時に低速で先導車を追従する低速先導車追従走行(渋滞運転支援)などの先進運転支援システムの実証試験や、日立オートモティブシステムズとクラリオンが共同開発した、スマートフォンを用いて車外から遠隔で駐車を行うリモートパーキングシステムなど、自動運転を実現する先進技術を紹介する。

また統合HMIシステムコーナーでは、より安全で快適な自動運転を実現するHMI技術として、音声や振動などによりドライバーに運転情報を提供するクラリオンのキャビン型モックアップ、スマートコックピットを展示する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集