ランプウェイを走行中の大型トレーラーが路外逸脱、積荷のガムシロップ流出

自動車 社会 社会

15日午後1時30分ごろ、福岡県太宰府市内の九州自動車道・大宰府インターチェンジで、ランプウェイを走行していた大型トレーラーがガードレールに衝突。路外に転落する事故が起きた。積荷のガムシロップが漏れ出したという。

福岡県警・高速隊によると、現場は太宰府市水城付近。大型トレーラー(タンクローリー)は上り線のランプウェイを料金所方向に向けて進行していた際、左カーブを曲がりきれずに道路右側のガードレールに衝突。これを突き破って路外に転落した。

トレーラーは路外斜面で横転。タンクの一部が損壊し、積荷のガムシロップが周囲に漏れ出した。運転していた40歳代の男性も打撲などの軽傷を負い、近くの病院へ収容されている。

警察では速度超過とハンドル操作の誤りが事故につながったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品