軽トラックが逆走して順走車と正面衝突、運転の高齢男性が死亡

自動車 社会 社会

15日午後1時15分ごろ、岩手県花巻市内の東北自動車道上り線を走行していた乗用車と、逆走してきたとみられる軽トラックが正面衝突する事故が起きた。この事故で軽トラックを運転していた89歳の男性が収容先の病院で死亡している。

岩手県警・高速隊によると、現場は花巻市大畑付近で片側2車線の直線区間。乗用車は第2車線(追越車線)を走行していたところ、逆走してきた軽トラックと正面衝突した。

衝突によって双方のクルマが中破。軽トラックを運転していた同市内に在住する89歳の男性は近くの病院へ収容されたが、胸部強打と内臓破裂が原因で約3時間後に死亡。乗用車を運転していた盛岡市内に在住する36歳の男性も打撲などの軽傷を負っている。

事故当時、現場では雨が降っており、視界は若干悪かったという。警察では軽トラックが逆走を開始した地点の特定を急ぐとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集