80歳代女性運転のクルマ、100円ショップに突っ込む

自動車 社会 社会

8日午前9時50分ごろ、山口県下松市内にある100円ショップの敷地内駐車場で乗用車が暴走し、店の入口付近に突っ込む事故が起きた。人的な被害は無かったという。警察は運転していた80歳代の女性から事情を聞いている。

山口県警・下松署によると、現場は下松市瑞穂町2丁目付近にある100円ショップの敷地内駐車場。80歳代の女性が運転する乗用車は駐車スペースに向けて進行していたが、突然加速。そのまま店の入口へ突っ込んだ。

この事故によって建物の一部が損壊したが、店は営業開始前だったために客はおらず、従業員も離れた場所にいたため無事だった。運転していた女性にもケガはなかった。

聴取に対して女性は「ボーッとしていた」などと供述しており、警察では漫然運転やペダル踏み間違えが事故につながったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集