トヨタの北米研究開発拠点、拡張を完了…投資額は1億ドル以上

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタの米国ミシガン州の研究開発拠点
  • トヨタの米国ミシガン州の研究開発拠点
  • トヨタの米国ミシガン州の研究開発拠点
トヨタ自動車の北米部門、トヨタモーターノースアメリカは5月4日、米国ミシガン州の研究開発拠点の拡張を完了した、と発表した。

トヨタモーターノースアメリカは2014年4月から、北米本社機能の米国テキサス州プレイノへの移転を軸に、各機能間での連携を推し進める北米ワントヨタ活動に取り組んできた。

その一環として、北米における研究開発部門であるトヨタテクニカルセンターを、トヨタモーターノースアメリカンR&Dと改称。ミシガン州の研究開発拠点の拡張を図ってきた。

今回、米国のケンタッキー州の調達部門や、トヨタテクニカルセンターのカリフォルニア州のパワートレーン開発部門が、ミシガン州のトヨタモーターノースアメリカンR&Dに異動。これに伴い、合計1億5400万ドル(約175億円)を投じて同拠点を拡張し、意思決定の現地化や顧客のニーズにより迅速、的確に応えられる体制づくりを構築した。

5月4日、ミシガン州ヨークタウンシップにおいて、拡張後の拠点開所と北米研究開発活動40周年を祝う記念式典を開催。トヨタモーターノースアメリカのジム・レンツCEOは、「ミシガン州への継続的な投資は、米国投資に対するトヨタの変わらぬコミットメントを示すもの。ヨークタウンシップ拠点の拡張も、米国で今後トヨタが歩んでいく道を象徴する大変重要なステップ」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集