カーステレオの騒音を巡ってトラブル、故意にはねて逮捕

自動車 社会 社会

4月30日午前1時30分ごろ、北海道札幌市東区内の市道を歩いていた21歳の男性に対し、一度は追い抜いた軽乗用車がバックで戻り、そのまま衝突する事故が起きた。男性は軽傷を負ったが、クルマは逃走。警察は後に戻ってきた46歳の男を殺人未遂容疑で逮捕している。

北海道警・札幌東署によると、現場は札幌市東区北19条東16丁目付近で車線区別のない幅員約4.5mの直線区間。21歳の男性は帰宅するために路肩を歩いていたところ、一度は追い抜くように走行していった軽乗用車が停止。バックする状態で再発進し、そのまま男性に衝突した。

男性は軽傷を負ったが、クルマは逃走。警察は状況からクルマの運転者が故意に男性を狙ったものと判断し、殺人未遂事件として捜査を開始したところ、クルマを運転していた46歳の男が徒歩で現場へ戻り、容疑への関与も認めたことから同容疑で逮捕している。

事件直前、男性と男は近所にあるコンビニエンスストア駐車場でカーステレオの騒音を巡って口論となっていた。聴取に対して男は「制裁のつもりでやったが、殺すつもりはなかった」などど供述しているようだ。警察では男性からも事情を聞き、事件に至った経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品