近鉄観光特急『青の交響曲』、停車中もカフェ営業 4月の6日間

鉄道 エンタメ・イベント
『青の交響曲』のラウンジ車。通常は走行中のみ営業しているカフェが日時限定で吉野駅に停車中も営業する。
  • 『青の交響曲』のラウンジ車。通常は走行中のみ営業しているカフェが日時限定で吉野駅に停車中も営業する。
  • 吉野駅に停車中の『青の交響曲』。
  • ラウンジ車の車内。
  • ラウンジ車で販売されているケーキセット。
近畿日本鉄道(近鉄)は4月の計6日間、吉野駅(奈良県吉野町)で観光特急『青の交響曲(シンフォニー)』の16200系電車を使ったカフェ営業を行う。

16200系は2016年9月から運行を開始した、大阪阿部野橋~吉野間の観光特急『青の交響曲』の専用車両。3両編成で、中間の1両(2号車)はバーカウンターなどを設けたラウンジ車両になっている。

発表によると、ラウンジ車は『青の交響曲』として走行している間のみカフェ営業を行っているが、4月1・2・15・16・22・23日は運行予定のない時間帯(15~17時)を活用。吉野駅4番線ホームに留置してカフェ営業を行う。

車内では柿の和菓子セット(900円)や鉄道グッズなどを販売する。列車に乗らずカフェのみ利用する場合は入場券を購入する必要がある。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集