「横浜赤レンガ」開館15周年で記念列車…みなとみらい線の電車がラッピング

鉄道 エンタメ・イベント

「横浜赤レンガ倉庫」開館15周年記念のラッピング列車のイメージ。Y500系の車体を装飾する。
  • 「横浜赤レンガ倉庫」開館15周年記念のラッピング列車のイメージ。Y500系の車体を装飾する。
  • 横浜高速鉄道のY500系。みなとみらい線のほか東急東横線や東京メトロ副都心線などにも乗り入れている。
  • 明治時代に建設された横浜赤レンガ倉庫。文化・商業施設として開館してからまもなく15周年を迎える。
横浜高速鉄道は3月19日から、横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区)の開館15周年を記念したラッピング列車を運行する。

横浜赤レンガ倉庫は明治時代に建設されたレンガ造りの倉庫。1989年まで保税倉庫として使用されていた。1990年代に入ると倉庫の保存と活用が考えられるようになり、2002年に文化・商業施設として開館した。

横浜赤レンガ倉庫を運営する横浜赤レンガと横浜高速鉄道の発表によると、ラッピング列車は横浜高速鉄道Y500系電車の8両編成2本を使用。横浜赤レンガ倉庫の特徴である「温もり(ハートマーク)」「輝き(星マーク)」「驚き(感嘆符)」「賑わい(八分音符)」を表現した15周年記念ロゴを用いて車体を装飾するという。

運行期間は3月19日から2018年3月までの予定。横浜高速鉄道が運営する横浜~元町・中華街間のみなとみらい線のほか、直通先の東京急行電鉄(東急)東横線、東京地下鉄(東京メトロ)副都心線、西武鉄道の西武有楽町線・池袋線・狭山線、東武鉄道の東上線でも運行される。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集