スズキの国内生産、輸出好調などで23か月ぶりのプラス 1月

自動車 ビジネス 企業動向

スズキ・イグニス
  • スズキ・イグニス
  • スズキ相良工場
スズキは2月27日、2017年1月度の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。1月の世界生産台数は前年同月比17.1%増の28万1855台で、2か月ぶりのプラスとなった。

国内生産は国内向け、輸出向け生産がともに増加し、同24.0%増の7万8953台と23か月ぶりのプラス。海外生産もインドネシアやタイなどが増加し、同14.6%増の20万2902台と、単月過去最高記録で2か月ぶりのプラスとなった。

国内販売は同5.9%増の5万0651台で、3か月連続のプラスとなった。登録車は新型『スイフト』の販売位開始などにより、同38.6%増の9257台と1月度新記録で17か月連続プラス。軽自動車も『スペーシア』や『エブリイ』などが増加し、同0.6%増の4万1394台で2か月連続のプラスだった。

輸出は欧州向けの『イグニス』などが増加し、同41.1%増の1万0176台と、3か月連続のプラスとなった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集