【光岡 ビュート フレンチマカロン】どう映る? 50~60代の心理をつく

自動車 ニューモデル 新型車

光岡ビュート・フレンチマカロン
  • 光岡ビュート・フレンチマカロン
  • 光岡ビュート・フレンチマカロン
  • 光岡ビュート・フレンチマカロン
  • 光岡ビュート・フレンチマカロン
  • 光岡ビュート・フレンチマカロン
  • 光岡ビュート・フレンチマカロン
  • 光岡ビュート・フレンチマカロン
  • 光岡ビュート・フレンチマカロン
誕生から24年、光岡自動車『ビュート』にマカロンと南仏をイメージした春限定モデルが誕生した。「ビュート・フレンチマカロン」のターゲットはどこか。同社企画開発課の青木孝憲課長と、国内営業課の笠原勝義課長に聞いた。

「色は深層心理に入り込む要素」という青木課長は、「グリーンはやわらかさや穏やかさ、イエローは開放的で元気、ピンクはロマンチックでかわいらしさ、ブルーはすがすがしさや若さを想いこのクルマに仕立てた」という。

270万円を超える春限定のビュート・フレンチマカロン。どんなユーザーが注目するか。直近のビュート購買層について笠原課長は「これまでは50代前半からのユーザーが多かったが、どう使うか、どう乗っているかは明確につかみきれないところもある。たとえば、娘へのプレゼントだったり、家族の限られた人が乗るけど、主人が購入するとかで、買う人と乗る人が違う場合がある」という。

前出の青木課長は、「これまでのユーザー層は50~60代が中心だったけど、年齢層の若返りも期待している。かわいらしさやかっこよさという基準も、年を重ねるごとにかわってくるもの。これまではダーク系のトーンが人気だったけど、意外とこのフレンチマカロンもアッパークラスに注目されると思う」とも話す。

「20代や30代、40代前半などは、『年上に見られたい』という気持ちがどこかにある。クルマで演出する場合などはそういう気持ちも出てくると思う。ところが50代や60代になると、逆に、子育てや家事に追われて抑えていた部分から解放されて、ピンクや黄色、パステル系を素直にチョイスする一面もある」(青木課長)

ピンク、ブルー、グリーン、イエロー、4色の春限定版ビュートが並ぶと、確かにマカロンのよう。50代60代にとって、この動くマカロン(受注生産)はどう映るか。価格は276万4800円。販売は2月24日から5月31日まで。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集