欧州プレミアムとは走りが違う、キャデラックの最上級車種 CT6[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

キャデラック CT6
  • キャデラック CT6
  • キャデラック CT6
  • キャデラック CT6
  • キャデラック CT6
  • キャデラック CT6
  • キャデラック CT6
  • キャデラック CT6
  • キャデラック CT6
キャデラック『CT6』は2015年4月、ニューヨークモーターショー15で初公開したキャデラックブランドの新たな最上級車。ドイツ系プレミアムブランドを競合としながらも、サイズを感じさせないキビキビとしたスポーティな走りが特徴だ。

オールアルミのボディパネルと13点の高圧鋳造アルミ部品を組み合わせたボディ構造を取り入れ、強靭さを保ちつつ、高張力鋼板を使用した車両に比べ約99kgの軽量化を達成している。

パワートレインは新開発の3.6リットルV6自然吸気モデルを導入。新開発の8速ATとの組み合わせで、最大出力340ps、最大トルク386Nmを発生。四輪駆動、かつ3110mmのホイールベースを持ちながらも、後輪も操舵する「アクティブ・リアステア」をはじめとするシャシーシステムによって安定した走り、取り回しのよさを実現している。

装備面も、上質なレザーと希少なウッド、カーボンファイバーを織り交ぜたインテリア、自動ブレーキをはじめとする各種先進安全機能、34個のスピーカーの備えるBoseプレミアムサラウンドサウンドシステムなど、フラッグシップモデルに相応しい内容となっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース