トヨタ、営業益32.5%減…販売台数増加も為替変動が影響 第3四半期決算

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ・プリウス
  • トヨタ・プリウス
  • トヨタ・シエンタ
トヨタ自動車は2月6日、2016年4~12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高20兆1547億円(前年同期比-6.0%)、営業利益1兆5554億円(-32.5%)、税引前純利益は1兆7640億円(-28.1%)、純利益は1兆4327億円(-24.0%)だった。

第3四半期連結累計期間における日本、海外を合わせた自動車の連結販売台数は664万3000台(+2.3%)。日本での販売台数は161万3000台(+9.2%)、海外は503万台(+0.3%)だった。

営業利益の増益要因は、原価改善の努力が3050億円、営業面の努力が3000億円。一方、減益要因として、為替変動の影響が7700億円、諸経費の増加ほかが4050億円、その他の要因が1802億円あった。

通期連結業績見通しは、想定為替レートを1米ドル107円、1ユーロ118円と、前回予想時よりそれぞれ4円円安としたことなどから上方修正。売上高は26兆5000億円(前回予想比+5000億円)、営業利益1兆8500億円(+1500億円)、税引前純利益2兆0700億円(+1700億円)、純利益1兆7000億円(+1500億円)とした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集