西鉄、天神大牟田線の大橋駅に特急停車へ 8月から

鉄道 企業動向
西鉄天神大牟田線の大橋駅。8月のダイヤ改正で特急が停車するようになる。
  • 西鉄天神大牟田線の大橋駅。8月のダイヤ改正で特急が停車するようになる。
  • 大橋駅のホーム。現在は普通列車と急行が停車している。
  • 西鉄天神大牟田線の特急。8月のダイヤ改正で大橋駅に停車するようになる。
西日本鉄道(西鉄)は1月26日、天神大牟田線の大橋駅(福岡市南区)に特急を停車させると発表した。8月に予定しているダイヤ改正で実施する。

天神大牟田線の特急は、西鉄福岡(天神)~大牟田間59.6kmを約1時間で結び、途中、薬院・西鉄二日市・西鉄久留米・花畑・大善寺・西鉄柳川・新栄町の各駅に停車する。一方、大橋駅は普通列車と急行が停車しているが、特急は通過している。

西鉄の発表によると、大橋駅の1日平均の乗降人員(2015年度)は3万5355人。同駅周辺のエリアは「商業施設や公共施設、文教施設などが充実し、都心部へのアクセスにも優れていることから、人気の居住エリアとなっており、当社沿線のなかでも重要な事業エリアの一つ」となっている。

こうしたことから西鉄は、1日あたり上下約60本(平日)の特急を大橋駅に停車させることにした。大橋駅での特急乗換えも可能になる。これにより、西鉄二日市以南の特急停車駅から大橋・高宮・西鉄平尾各駅までの所要時間が最大12分短縮される。

大橋駅は都心部でのバス運行効率化を目的としたバスの乗継ぎ拠点になっており、特急の停車で鉄道とバスの乗継ぎも便利になるという。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集