反射的に逃げた…パトカーに体当たり、籠城した男2人を逮捕

自動車 社会 社会
21日午後8時20分ごろ、大阪府大阪市中央区内の市道で、警官の職務質問を振り切り、一方通行路をバックで逃走していた乗用車と、後方で進路を塞いだパトカーが衝突する事故が起きた。警察は乗用車に乗っていた男2人を公務執行妨害の現行犯で逮捕している。

大阪府警・南署によると、現場は大阪市中央区心斎橋筋1丁目付近。近くをパトロールしていた署員が、ひったくり事件に関与したとみられる乗用車を発見。進路をパトカーで塞ぎ、職務質問しようと接近したところ、クルマは一方通行路をバックで逃走した。

クルマはそのまま約30mをバックで進行したが、後方で進路を塞いでいた別のパトカーに衝突。クルマに乗っていた21歳の男2人はしばらく篭城を続けたが、警察はこの2人を公務執行妨害の現行犯で逮捕している。

聴取に対して運転していた男は「反射的に逃げてしまった」などと供述しており、警察では余罪についても厳しく追及するとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集