ヤマハ発動機、FZ25 をインド市場に投入…ハイエンドストリートモデル

モーターサイクル 新型車
ヤマハFZ25
  • ヤマハFZ25
  • ヤマハFZ25
  • ヤマハFZ25

ヤマハ発動機は、次世代エンジン「BLUE CORE」を搭載したストリートモデルの新製品『FZ25』を2017年2月からインド市場で発売する。

FZ25は、街中での実用領域で優れた走行性能を実現するトルクフルなFI搭載250cc単気筒エンジンを148kgの軽量ボディに搭載。先進性をアピールするLEDヘッドライトやLCDメーターなどを装備する。デザインは、アスリートの逞しい筋肉のイメージにマスフォワード感やダウンフォース感を重ねたスタイルとした。

価格は11万9500インドルピー(約19万9000円)。

インドの二輪車市場は年間1800万台と世界最大規模で、そのうちの6割を100cc~150ccが占める。同社が2008年から導入したFZシリーズは、インド市場では比較的高価格カテゴリーの製品だが、累計販売が130万台を超える人気モデルとなっている。同社はFZ25の導入によりFZシリーズのラインアップを充実させ、ハイエンドカテゴリーで販売拡大を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース