横浜ゴム、創業100周年記念ロゴマークを発表

自動車 ビジネス 企業動向
横浜ゴム 創業100周年記念ロゴマーク
  • 横浜ゴム 創業100周年記念ロゴマーク
横浜ゴムは1月4日、創業100周年の記念ロゴマークを発表した。

記念ロゴマークは2017年1月から12月まで様々なアイテムに使用し、世界中の人々に100年を迎えた感謝の意を表すとともに、100年の歴史を誇る企業であることを周知していく。今後は展示会などでの歴史紹介コーナーの設置や100周年記念サイトの開設など、横浜ゴム100年の軌跡を紹介する活動を順次拡大していく。

横浜ゴムは1917年10月13日、日本の近代化に不可欠なゴム製品の国産を目的に横浜で創業。その後、関東大震災、第二次世界大戦、40年不況、オイルショック、バブル崩壊、リーマンショックなど、社会情勢の変化を乗り越え、グローバル企業として成長してきた。100周年を迎える2017年10月13日には新たなビジョンを掲げ、さらなる成長を遂げる次の100年をスタートする。

100周年記念ロゴマークは、YOKOHAMAのアイデンティティでもある「5本の赤いライン」をモチーフに、100周年のさらに先の未来に向けて力強く進んでいく情熱を表現。また、100の「00」の重なりは、ユーザーに必要とされるタイヤ・ゴムメーカーであり続けるために、人々とともに次の100年を作り上げる姿勢を表現している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集