エールフランス、パリ発着のマラケシュ線とポルト線を開設 2017年3月26日から

航空 企業動向
エールフランスのエアバスA320
  • エールフランスのエアバスA320
  • ポルト市 (c) Getty Images

エールフランス航空は2017年3月26日から、パリ(シャルル・ド・ゴール)とモロッコのマラケシュを結ぶ路線を週3往復(水・金・日)、28日からパリとポルトガルのポルトを結ぶ路線を週3往復(火・木・土)で開設する。

エールフランスの親会社であるエールフランスKLMグループは17年夏期スケジュール中、モロッコ7都市(アガディール、カサブランカ、エッサウィラ、フェズ、マラケシュ、ウジダ、ラバト)に乗り入れる。グループ傘下の格安航空会社、トランサヴィアはパリ(オルリー)=マラケシュ線(週16往復)、アムステルダム=マラケシュ線(週6往復)などを運航する。

エールフランスKLMは来夏、ポルトガル4都市(ファロ、フンシャル、リスボン、ポルト)に就航。KLMオランダ航空はアムステルダム=ポルト線(週7往復)、トランサヴィアはパリ(オルリー)=ポルト線(週29往復)などを運航する。

《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース