豪カンタス航空、パース=ロンドン直行便を開設 2018年3月から

航空 企業動向
カンタス航空のボーイング787型機
  • カンタス航空のボーイング787型機
オーストラリアのカンタス航空は2018年3月から西部パースとイギリスのロンドンを結ぶ定期直行便を開設する。

豪州と欧州をノンストップで結ぶ定期旅客便を運航するのはカンタス航空が初めて。パース=ロンドン直行便の開設により、豪州主要都市からロンドンへの渡航利便性は大きく向上することになる。西オーストラリア州(州都はパース)では雇用の創出や観光産業の活性化、豪州全体では英国との貿易量増加や国内各地への観光客増加が期待される。

パースからロンドンまでの飛行距離は1万4498キロメートル、飛行時間は約17時間。運航機材は今後受領予定のボーイング787-9型機(236席)。
《日下部みずき》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

おすすめのニュース