電柱に衝突して炎上、乗用車運転の高齢男性が重体

自動車 社会 社会
5日午前1時15分ごろ、大阪府大阪市平野区内の国道25号を走行していた乗用車が路外に逸脱。道路左側の歩道に乗り上げ、電柱に衝突する事故が起きた。この事故でクルマを運転していた70歳の男性が重体となっている。

大阪府警・平野署によると、現場は平野区加美南3丁目付近で片側1車線の緩やかなカーブ。乗用車は右カーブを曲がりきれずに路外へ逸脱。道路左側の歩道に乗り上げ、前方の電柱に衝突した。

衝突によってクルマは中破炎上。運転していた70歳の男性は延焼前に救出され、近くの病院へ収容されたが、頭部強打などが原因で意識不明の重体となった。

警察ではハンドル操作の誤りが事故につながったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集