直径10メートルのクリスマスリース点灯式…メルセデスベンツが開催

自動車 ビジネス 国内マーケット
直径10メートルのクリスマスリース
  • 直径10メートルのクリスマスリース
  • 直径10メートルのクリスマスリース 点灯式
  • 直径10メートルのクリスマスリース 点灯式
  • 直径10メートルのクリスマスリース 点灯式
  • 直径10メートルのクリスマスリース
  • 直径10メートルのクリスマスリース
  • マウンテンクライム
  • マウンテンクライム
メルセデス・ベンツ日本は11月29日、東京・六本木にあるイベント型ブランド体験施設「メルセデスベンツ コネクション ネクストドア」に設営した世界最大級となる直径10メートルのクリスマスリースの点灯式を行った。

クリスマスリースはメルセデスベンツのマークであるスリーポインテッドスターにかたどられた生木が用いられ、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長がボタンを押すと、リースに施された1万5000個のLEDライトが一斉に点灯した。

また色鮮やかな巨大リースの前では東京少年少女合唱隊が讃美歌を披露し、クリスマス気分を盛り上げた。このクリスマスリースは12月25日まで展示され、リースの中に入ることもできるようになっているという。

メルセデスベンツ コネクション ネクストドアでは、このクリスマスリースのほかに都内で初導入となるカメラシェアリングサービス「PaN」による写真撮影や、季節限定メニュー、さらにクリスマスイルミネーションが施された『Gクラス』でのマウンテンクライムアトラクションなどが楽しめるようになっている。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集