軽四輪車中古車販売台数、3カ月ぶりにマイナスの6.5%減 10月

自動車 ビジネス 企業動向
参考画像
  • 参考画像
全国軽自動車協会連合会が発表した10月の軽四輪車中古車販売台数は、前年同月比6.5%減の23万1383台と、3カ月ぶりに前年を割り込んだ。

軽自動車の新車需要が低迷しており、中古車もタマ不足で需要が低調となっている。

車種別では乗用車が同5.2%減の17万9818台、貨物車が同10.9%減の5万1565台となった。貨物車の内訳はバンが同10.3%減の2万6321台、トラックが同11.5%減の2万5244台だった。

ブランド別で前年を上回ったのは日産、トヨタ、スマートのみ。シェアトップのスズキは同9.0%減の7万2421台、2位のダイハツが同5.4%減の7万1259台だった。三菱、スバルは2ケタのマイナスだった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 軽四輪車中古車販売台数、2カ月連続プラス…ダイハツや日産順調 9月 画像 軽四輪車中古車販売台数、2カ月連続プラス…ダイハツや日産順調 9月
  • 軽四輪中古車販売、全ブランド好調で3か月ぶりのプラス 8月 画像 軽四輪中古車販売、全ブランド好調で3か月ぶりのプラス 8月
  • 軽四輪中古車販売、7.3%減の22万4468台で2か月連続マイナス 7月 画像 軽四輪中古車販売、7.3%減の22万4468台で2か月連続マイナス 7月
  • 年末年始の渋滞ランキング2015、トップは東名上りの海老名JCT-横浜町田 画像 年末年始の渋滞ランキング2015、トップは東名上りの海老名JCT-横浜町田

特集

おすすめのニュース