ベトジェットエア、ホーチミン=台中線を新規開設 2017年1月15日から

航空 企業動向

ベトジェットエアの運航機材
  • ベトジェットエアの運航機材
  • ベトジェットエアの機内サービス
ベトナムの格安航空会社、ベトジェットエアは2017年1月15日からホーチミンシティ=台中線を新規開設し、週4往復(月・水・金・日)を運航する。

台中は台湾中西部の大都市。多くの史跡、のどかな自然、ご当地料理が観光客を惹きつけている。ベトジェットエアの台湾路線はホーチミン=台北、台南、高雄(12月12日から開設)、台中線、ハノイ=台北線の計5路線となる。

フライトスケジュールは次の通り。852便はホーチミンを10時30分に出発し、台中に14時45分に到着。853便は台中を15時45分に出発し、ホーチミンに18時に到着。所要時間は約3時間15分。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース