八千代工業、5年ぶりの最終赤字…熊本地震の影響大きく 中間決算

自動車 ビジネス 企業動向
八千代工業製 ホンダ S660
  • 八千代工業製 ホンダ S660
  • 八千代工業四日市製作所でつくられているホンダ『S660』
八千代工業は10月31日、2016年4~9月期(第2四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高649億4900万円(前年同期比-14.0%)、営業利益は19億8300万円(-67.9%)、税引前利益は18億5700万円(-67.2%)、最終損益(親会社の所有者に帰属)は6900万円の赤字(前年同期は31億6100万円の黒字)だった。

海外における受注の増加はあったものの、熊本地震によるホンダ熊本工場の生産中止で自動車組立分野および二輪部品の受注が減少。さらに為替換算の影響もあり、売上高は14.0%の減収、営業利益は67.9%の減益、最終損失は6900万円と、東日本大震災の影響を受けた2011年4~9月期以来、5年ぶりの赤字に転落した。

通期業績見通しは、上期の減収や下期の為替想定レートを1米ドル110円から100円に変更したことに伴う為替換算上の影響などを織り込み、下方修正。売上高1390億円(前回予想比-50億円)、営業利益105億万円(-10億円)、税引前利益103億円(-10億円)、最終利益48億円(-7億円)とした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集