大西宇宙飛行士、ISSでの長期滞在開始

宇宙 テクノロジー
ISSへ入室する大西宇宙飛行士
  • ISSへ入室する大西宇宙飛行士
  • ISS入室後に地上と交信する大西宇宙飛行士ら
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、日本時間7月9日午後3時53分にソユーズMS-01宇宙船(47S)と国際宇宙ステーション(ISS)間のハッチが開かれ、大西宇宙飛行士ら第48次/第49次長期滞在クルーがISSに入室したと発表した。

大西宇宙飛行士の第48次長期滞クルーとしてのISS長期滞在が始まった。

今回のISS長期滞在では、健康長寿社会の形成など、国の科学技術イノベーション政策に貢献することが期待される、小動物の長期飼育に初めて取り組む。高品質タンパク質結晶生成実験では、民間の利用拡大に取り組む。

大西宇宙飛行士は、今年10月30日ごろ、ソユーズ宇宙船(47S/MS-01)で帰還するまでの約4か月間、ISSに滞在する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集