ウェザーニューズ、北極海航路は8月下旬に開通…2016年北極海の海氷傾向

船舶 企業動向
北極海の海氷分布(2016年6月28日時点)と過去の航路開通期間(緑色部分)、2016年の予想開通期間(赤・黄色部分)
  • 北極海の海氷分布(2016年6月28日時点)と過去の航路開通期間(緑色部分)、2016年の予想開通期間(赤・黄色部分)
  • 航海気象チームから提供される コンテンツサンプル
ウェザーニューズのグローバルアイスセンターは、2016年の北極海の海氷傾向を発表した。

北極海の海氷面積は今年3月に同時期としては観測史上最小となる1390万平方kmを記録し、現在もこの時期としては観測史上最小に近い面積となるペースで融解している。ただ、東シベリア海などで広範囲に厚い海氷がある影響で、夏には融解がペースダウンする見込み。

今年9月の最小海氷域面積は480万平方kmとなる予想で、1979年の観測開始以来、5番目に小さい面積となる見込み。

また、今シーズンの北極海航路は、ロシア側の北東航路、カナダ側の北西航路共に8月下旬に開通し、その後10月初旬まで海氷域に入ることなく通航可能となる見通し。

北極海の商業航海や資源開発の動きは年々活発になっており、ロシアのNSRAによると今年、ロシア側の北東航路の通航許可を得た航海数はすでに340を超え、昨年と同様のペースとなっているとしている。

ウェザーニューズでは、北極海の海氷を観測する超小型独自衛星「WNISAT-1R」を今年打ち上げる予定で、北極海航路の安全運航を支援する「Polar Routeing Service」を強化する構え。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想 画像 ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想
  • ウェザーニューズ、海運世界最大手に航海気象情報や燃費低減を支援するサービス提供 画像 ウェザーニューズ、海運世界最大手に航海気象情報や燃費低減を支援するサービス提供
  • 新パナマ運河が供用開始---初通航は日本郵船 画像 新パナマ運河が供用開始---初通航は日本郵船
  • 川崎重工、C-2 輸送機の量産初号機を航空自衛隊に納入 画像 川崎重工、C-2 輸送機の量産初号機を航空自衛隊に納入

特集