BASF、顔料事業に特化した新グローバルブランド「カラー&エフェクト」を発表

自動車 ビジネス 企業動向
BASFの新グローバルブランド「Colors & Effects(カラー&エフェクト)」
  • BASFの新グローバルブランド「Colors & Effects(カラー&エフェクト)」
独BASFは6月30日、顔料事業に特化した新グローバルブランド「Colors & Effects(カラー&エフェクト)」を発表した。

BASFは新ブランドのもと、主に塗料、プラスチック、印刷、化粧品および農業分野に対して、付加価値の高い各種顔料および光輝材を提供していく。

同社は中国、フランス、ドイツ、韓国、オランダ、スイス、米国に13の顔料生産拠点を展開。日本では、顔料事業に特化した新会社「BASFカラー&エフェクトジャパン」を設立し、7月1日より運営を開始する。

グローバル顔料ビジネス担当シニアバイスプレジデントのアレキサンダー・ハウンシルド氏は「変わりゆくマーケットに柔軟かつ迅速に対応し、顔料事業に資源を継続的に投資することで、顧客にとって信頼性の高いグローバル・サプライヤーであり続けることが最優先事項だ。幅広い製品群とグローバルで培ったノウハウは、顧客のビジネスのさらなる成長と発展に貢献できると考えている」と述べている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • BASF、アジア太平洋地域のデザインプラットフォームを上海に開設 画像 BASF、アジア太平洋地域のデザインプラットフォームを上海に開設
  • 【BASFカラートレンド16】欧州は“バーチャルからリアルへ”、北米は“行動あるのみ” 画像 【BASFカラートレンド16】欧州は“バーチャルからリアルへ”、北米は“行動あるのみ”
  • 【BASFカラートレンド16】アジア太平洋のトレンドは「新たな芽生え」 画像 【BASFカラートレンド16】アジア太平洋のトレンドは「新たな芽生え」
  • 【BASFカラートレンド16】生活に溶け込む最新技術をカラーで表現 画像 【BASFカラートレンド16】生活に溶け込む最新技術をカラーで表現
  • BASF第1四半期決算、営業利益は6%減の19億ユーロ…化学品部門などが不振 画像 BASF第1四半期決算、営業利益は6%減の19億ユーロ…化学品部門などが不振
  • イード、自動車修理・メンテナンス情報メディア「カーケア プラス」をオープン 画像 イード、自動車修理・メンテナンス情報メディア「カーケア プラス」をオープン

特集

おすすめのニュース