タイムズモビリティネットワークス、販売ラインナップに ポルシェ など名車が登場

自動車 ビジネス 国内マーケット

タイムズモビリティネットワークス、販売ラインナップに ポルシェ など名車が登場
  • タイムズモビリティネットワークス、販売ラインナップに ポルシェ など名車が登場
  • 「Service X」のサイト
  • 「Service X」で販売される車両の一部
タイムズモビリティネットワークスは、4月28日から「タイムズカー」の中古車販売サービスで、ポルシェやロータスなどの名車を貸し出す「Service X」の車をラインナップに加えた。

タイムズモビリティネットワークスは、2015年3月から「タイムズカー」として使用していたレンタカーやカーシェアリングカーを中古車として販売。『デミオ』などのコンパクトカーや、軽自動車、ハイブリッドカーなどバラエティ豊かな車種を取り扱ってきた。

今回そのラインナップに加わるのは、「Service X」で提供している車だ。「Service X」は東京都・神奈川県の7店舗で、ポルシェ、ロータス、トミーカイラZZなど希少な車種を1時間2700円で貸し出すレンタカーサービス。

「Service X」の車の販売の特徴は、購入前に最大24時間の試乗が可能なこと。これにより、顧客は納得した上で購入できる。試乗時にはレンタル費用がかかるが、購入時にはレンタル費用を割り引きされる。法定点検・整備、外装の納車前仕上げを行い納車。この費用は車両代に含まれる。

有償オプションとなるが、購入後の「タイムズカー保証」も用意。万一の故障やトラブル等が発生した場合に備えることができる。1年間の保証期間中は何度でも修理が可能だ(ただし、車両本体価格が上限)。24時間365日対応のロードサービス付帯も用意する。

自社保有車両を直接販売するために、仕入れにかかる中間コストがかからないのでロープライスで提供できると、タイムズモビリティネットワークスでは説明している。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集