阪神高速、料金所強行突破のドライバーから通行料金など1100万円を回収

自動車 ビジネス 企業動向
高速道路料金所(イメージ)
  • 高速道路料金所(イメージ)
阪神高速道路は、不正通行者への未払通行料金等支払請求訴訟の控訴審判決で勝訴が確定。不法に免れた通行料金など約1100万円を回収したと発表した。

阪神高速道路は、料金所の強行突破で2013年5月に逮捕された不正通行者1名に対し、不法に免れた通行料金、法令に基づく割増金(通行料金の2倍)の支払交渉を行ったが、支払に応じなかったため、2014年9月に支払請求訴訟を提起した。

2015年10月の第一審判決で阪神高速側が勝訴。その後、2016年3月の控訴審判決で勝訴が確定した。同社は、勝訴判決を受け、強制執行(債権差押)を実施。不法に免れた通行料金、法令に基づく割増金及び遅延損害金等を合わせて約1100万円を回収した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 首都高速、二輪車通行料金 5車種区分になっても募る不満 画像 首都高速、二輪車通行料金 5車種区分になっても募る不満
  • 高速道路6社、過積載など車両制限令違反情報を共有、割引停止も 画像 高速道路6社、過積載など車両制限令違反情報を共有、割引停止も
  • 『ETC2.0』4月から迂回優遇サービス開始…三菱電機、“発話型”車載器を発表 画像 『ETC2.0』4月から迂回優遇サービス開始…三菱電機、“発話型”車載器を発表
  • 阪神高速サービスの公式ホームページが再開…7月に不正アクセス 画像 阪神高速サービスの公式ホームページが再開…7月に不正アクセス

特集