香港航空、北京・ハノイ線を増便へ…30機目の機材受領に伴い

航空 企業動向
香港航空のエアバスA320
  • 香港航空のエアバスA320
香港航空は5月1日から香港=北京線を週27往復、5月15日からハノイ線を週10往復に増便する。

香港航空は、今回の増便により、高まる北京線・ハノイ線の航空需要に対応する。また、増便の背景には先週受領したばかりのエアバスA320型機の存在がある。同社の保有機数は4月25日時点で30機(A320は11機)。平均機齢は3.5年と非常に若い。

北京線は既存の1日3往復に加え、週6往復を増便。増便分のフライトスケジュールは次の通り。6308便は香港を19時に出発し、北京に22時30分に到着(日曜のみ19時45分に出発し、23時5分に到着)。運航曜日は月・火・水・金・土・日。6309便は北京を9時35分に出発し、香港に12時55分に到着。運航曜日は月・火・水・木・土・日。

ハノイ線は香港発が毎日運航されることになり、水・木・日は既存の香港夕方発に加え、新たに香港夜発が設定される。増便分のフライトスケジュールは次の通り。522便は香港を22時に出発し、ハノイに23時20分に到着。運航曜日は火・水・木・土・日。523便はハノイを7時に出発し、香港に9時55分に到着。運航曜日は月・水・木・金・日。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース