シャヒーン・エア、ラホール=クアラルンプール=カラチ線を開設

航空 企業動向

シャヒーン・エア、ラホール=クアラルンプール=カラチ線を開設
  • シャヒーン・エア、ラホール=クアラルンプール=カラチ線を開設
パキスタンのシャヒーン・エアは4月22日、ラホール=クアラルンプール=カラチ線を開設した。

ラホールはパキスタン北東部の都市。カラチは同国南部の都市で、シャヒーン・エアの本社がある。初便は22日10時、クアラルンプール国際空港に到着し、放水アーチによる歓迎を受けた。初便の乗客は326人で、ほぼ満席だった。

ラホール発の運航曜日は月・金。872便はラホールを1時に出発し、クアラルンプールに10時に到着。871便はクアラルンプールを12時に出発し、カラチに15時50分に到着する。使用機材はエアバスA330-200型機(全席エコノミークラス)。

カラチ発の運航曜日は火・土。870便はカラチを0時30分に出発し、クアラルンプールに10時に到着。873便はクアラルンプールを12時に出発し、ラホールに15時15分に到着する。使用機材はA330-200。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース