ルノー キャプチャー にロシア専用車…本格オフローダーに

自動車 ニューモデル 新型車

ルノー キャプチャー(ロシア仕様)
  • ルノー キャプチャー(ロシア仕様)
  • ルノー キャプチャー(ロシア仕様)
  • ルノー キャプチャー(ロシア仕様)
  • ルノー キャプチャー(ロシア仕様)
フランスの自動車大手、ルノーは3月末、ロシア・モスクワにおいて、ロシア向けの新型『キャプチャー』を初公開した。

キャプチャーは2013年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー13でデビュー。ボディサイズは全長4120×全幅1770×全高1570mm。ルノーの小型クロスオーバー車として登場した。

キャプチャーの欧州仕様の搭載エンジンは、ガソリンとディーゼルを用意した。ディーゼルの場合、CO2排出量は、最も低いモデルで95g/kmと、クラストップレベルの環境性能を実現。キャプチャーはルノーのスペイン工場で生産されている。

今回、ロシア・モスクワで初公開されたロシア向けの新型キャプチャーは、ロシア専用車。モスクワ工場で生産され、ロシア国内で販売される。

ロシア向けのキャプチャーは、ロシアの顧客の好みを取り入れて開発された。最低地上高は、ロシアの道路事情に配慮し、204mmに若干アップ。サスペンションも、ロシアの荒れた路面に見合うチューニングを施した。アプローチアングルは20度、デパーチャーアングルは31度。

外観は、欧州や日本のキャプチャーと若干異なり、フロントバンパーのデイタイムランニングライトが、C型になるのが特徴。ボディサイズも全長4333×全幅1813×全高1613mmと、ひと回り大きい。ルノーはロシア向けのキャプチャーについて、「本物のオールテレーンビークル」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集