使うのは和牛の皮、職人が縫いあげるプレミアムな数量限定グラブ

エンターテインメント 話題
ジュンケイグラブ70周年記念「和牛グラブ」限定発売
  • ジュンケイグラブ70周年記念「和牛グラブ」限定発売
  • ジュンケイグラブ70周年記念「和牛グラブ」限定発売
  • ジュンケイグラブ70周年記念「和牛グラブ」限定発売
  • ジュンケイグラブ70周年記念「和牛グラブ」限定発売
  • ジュンケイグラブ70周年記念「和牛グラブ」限定発売
  • ジュンケイグラブ70周年記念「和牛グラブ」限定発売
野球グラブを製造するJUNKEI-GLOVE(ジュンケイグラブ)は、70周年記念モデル「和牛グラブ」を140個限定で発売する。

和牛グラブは、40年以上グラブを作り続けてきた職人が良質な和牛の皮をセレクトし、職人自らが仕上げを手がけるオーダーグラブだ。サイズ、ウェブなど細かなオーダーに対応する。

良い革ではあるが丈夫で固い和牛は、ミットには使えるが通常のグラブには使いにくいとされてきた。そこでグラブ職人に和牛革の仕上げ加工を任せ、グラブが適切なしなやかさを持つように最終加工を施している。

グラブグリス(保革油)は、オイル分が多く接着剤成分の少ないグリスを使用。しなやかなコシを持たせ、熟練の技法で表面と裏面をしっくりと合わせている。また、革の裏面までオイルコーティング。組み上げ前の革の最終仕上げとして、グラブのパーツひとつひとつにオイルを塗布し、浸透させている。

カラーは、ブラックとブラウンの2種類。各色70個、合計140個を限定販売。オーダーは全国58店舗の取り扱い店で受け付けを行う。 7万円(税抜き)。

和牛の皮のオーダーグラブ「和牛グラブ」140個限定発売

《美坂柚木@CycleStyle》