【スピーカー交換のススメ】キレ良くスムーズ&クリアなサウンド JL-TR650CSi

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

【スピーカー交換のススメ】キレ良くスムーズ&クリアなサウンド JL-TR650CSi
  • 【スピーカー交換のススメ】キレ良くスムーズ&クリアなサウンド JL-TR650CSi
フロリダに本拠地を置く、JLオーディオ。画期的な技術が投入されたサブウーファーをはじめ、上質なコンポーネントスピーカー、コンパクトで高性能なパワーアンプと、サウンド&デザイン、そして信頼性と高品位な製品を打ち出している。

創設者であり、自らもオーディオエンスーのジェームス・バーチと、ルシル・ブロニの2人の頭文字である"J"と"L"を社名に掲げ、1975年に音響工学会社、JL AUDIOを設立。当初はホーム用スピーカーを手掛けることから始め’80年代の前半、カー市場への可能性を見出し、事業を拡大。’80年代後半になると、JLオーディオはトップブランドとして幅広く認知されるようまでになる。IASCAワールドファイナルでは、JLオーディオのサブウーファーを装着している車両が入賞率No,1という輝かしい偉業を成し遂げている。

さて、幅広いラインアップを揃える同社ブランドの中で、コストパフォーマンスに優れた16cm2ウェイスピーカーをご紹介しよう。このエボリューションTRシリーズのTR-650-CSiは、純正スピーカーからアップグレードを図るユーザーや低価格で高音質を実現したいという音楽ファンに向けてのエントリーモデル。16cmウーファーは、スタンダードな高剛性スチールバスケットを使用、振動板は耐久性の高いポリプロピレン。一方、トゥイーターは12mmバランスドーム型で、磁気回路は強力だ。シンプルな組合わせにより、スムーズ&クリアなサウンドを提供してくれる。なおウーファーはEURO-DIN規格のバスケットなので、幅広い車種にジャストフィット。市場で売られている17cmのインナーバッフル(内径141mm)にも適合する。

ハイパスフィルターは、トゥイーターのケーブルライン上にセット。-12dB@4kHzというスペック。小型なので取り付け場所に悩まされることはない。

サウンドは、中低域に音に厚みがあり、高域はキレのよい音調で国内メーカーと違う雰囲気がある。ロックやジャズに好適といえるだろう。
《永松巌》

編集部おすすめのニュース

特集