村上開明堂の第3四半期決算…バックミラーの売上好調、営業益10.3%増

自動車 ビジネス 企業動向
村上開明堂・ターンランプ付ドアミラー(参考画像)
  • 村上開明堂・ターンランプ付ドアミラー(参考画像)
村上開明堂は2月9日、2015年4-12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は484億0700万円(前年同期比+5.5%)、営業利益は43億8500万円(+10.3%)、経常利益は46億1800万円(+0.5%)、四半期純利益は31億6100万円(-0.3%)だった。

主力の自動車用バックミラーは、国内では販売数量こそ前年並みだったものの、高付加価値商品の販売が増加。さらに海外での販売増加や円安効果もあり、売上高は5.5%の増収となった。メキシコ新会社での立上げ費用があったものの、営業利益も10.3%の増益を確保した。

通期業績見通しについては、前回予測を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ヤマハ発動機の通期決算…二輪をはじめ各事業好調で営業益38%増の1204億円 画像 ヤマハ発動機の通期決算…二輪をはじめ各事業好調で営業益38%増の1204億円
  • 曙ブレーキ第3四半期決算…北米の生産混乱長引き、最終赤字63億円 画像 曙ブレーキ第3四半期決算…北米の生産混乱長引き、最終赤字63億円
  • 鬼怒川ゴム、操業度アップやコスト削減効果で営業増益…2015年4-12月期決算 画像 鬼怒川ゴム、操業度アップやコスト削減効果で営業増益…2015年4-12月期決算
  • タカタ第3四半期決算、最終黒字25億円…リコール費用負担金は予測困難で織り込めず 画像 タカタ第3四半期決算、最終黒字25億円…リコール費用負担金は予測困難で織り込めず

特集

おすすめのニュース