クルマの買い替え、賢いのは下取り or 買取り?

自動車 ビジネス 国内マーケット
自動車販売店(イメージ)
  • 自動車販売店(イメージ)
  • 自動車販売店(イメージ)
3月に入り、自動車販売の年度末商戦はピークを迎えつつある。去年は消費税増税前の駆け込み需要があったが、今年も軽自動車税の増税を控えてマイカーの買い換えを検討している人も多いだろう。

代替という場合に、オーナーの頭を悩ますのが「これまでのマイカーをどのように手放すか」だろう。新車購入の場合は、一般的にディーラーに「下取り」に出すことで新車購入の原資に充てるというケースが多い。下取りの場合、車両の購入とワンストップで済ませられるので楽と言えば楽。新車の納車とタイミングを合わせられるので代車の必要がないというもの便利な点だ。しかし、ほんの少しだけ手間をかけることで、もっと査定額をアップさせて経済的なメリットを得られる方法がある。それが「買取り」という手段だ。

買取りの場合は文字通り、買取り専門店などでマイカーの価値を査定してもらい現金化すること。一般的に、買取り価格は中古車業者におけるオークション相場がベースになっているので、下取りよりも高い額で査定されるケースが多い。カーナビやサンルーフといったオプションパーツも多くの場合、付加価値として評価してもらえる。

最近では複数の買取り業者を横断した一括査定のサービスも充実してきており、自分の納得がいくまで交渉ができるというのも、大きなメリットだ。「1円でもマイカーを高く売りたい」というこだわりを持っているなら、だんぜん買取りをおすすめする。ネットでの一括査定や自宅での出張査定、また名義変更など緒手続き代行も行ってくれる業者がほとんどで、意外にも買取りの敷居は低い。

【参考サイト】マイカー一括査定サービス
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 高額査定を引き出すなら朝イチが狙い目? 画像 高額査定を引き出すなら朝イチが狙い目?
  • キャンピングカー、高額車への買い替えに関心高まる…日本RV協会調べ 画像 キャンピングカー、高額車への買い替えに関心高まる…日本RV協会調べ
  • 新車販売総合、アクア が1200台差で N-BOX かわし8か月連続トップ…11月車名別 画像 新車販売総合、アクア が1200台差で N-BOX かわし8か月連続トップ…11月車名別
  • 20代、クルマを購入しようと思える年収は「500万円以上」 画像 20代、クルマを購入しようと思える年収は「500万円以上」

特集