中国工商銀行、ラブアンに支店を開設…マレーシア

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア(イメージ)
  • マレーシア(イメージ)
中国工商銀行(ICBCマレーシア)が、マレーシア国内で5カ所目となる支店を連邦直轄地ラブアンに開設したと、ザ・スターが報じた。

ラブアンは国際支店となり、中国とマレーシアの間の二国間貿易や域内各国の顧客に対してオフショアサービスを提供する。

ICBCマレーシアは2010年1月に設立され、同年4月28日付けで営業を開始した。ラブアンの他にはクアラルンプールとクチン、プチョン、ジョホールバルに支店を置いている。

ICBCは42カ国において事業を行っており、147カ国に決済代行銀行がある。
千田真理子

編集部おすすめのニュース