エミレーツ航空、ATPワールドツアーのプレミアパートナーに…来年から5年間

航空 企業動向

エミレーツ航空、ATPワールドツアーのプレミアパートナーに
  • エミレーツ航空、ATPワールドツアーのプレミアパートナーに
男子プロテニス協会(ATP)主催のATPワールドツアーは11月22日、オフィシャルエアラインのエミレーツ航空が2016年から「プレミアパートナー」を務めると発表した。

「プレミアパートナー」の契約期間は5年間。エミレーツ航空との新スポンサー契約はATP史上最大規模。ATPワールドツアー開催国の約9割に直行便を就航するエミレーツは2013年から「プラチナパートナー」(現在4社)を務めていたが、メキシコのビールブランド「コロナ」の契約満了に伴い、最上級の「プレミアパートナー」(現在1社のみ)を務めることになった。

来年のATPワールドツアーは6大陸31カ国で62大会が開催される。近年の観客数とテレビ視聴者数は記録ずくめで、22日のATPワールドツアー・ファイナルズで日程を終えた今年は年間観客数記録を更新する見込み。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集