六甲山スノーパークが12月5日オープン

エンターテインメント イベント

六甲山スノーパークが12月5日オープン
  • 六甲山スノーパークが12月5日オープン
  • 六甲山スノーパークが12月5日オープン
  • 六甲山スノーパークが12月5日オープン
  • 六甲山スノーパークが12月5日オープン
六甲山スノーパークは、2015年12月5日(土)にシーズンオープンすることを発表した。

近畿地区では最も早いオープンとなる12月5日(土)は、「六甲山サンタDAY!」と称して、マスコットキャラクター「スノイル&ワルイル」と、サンタクロースやトナカイの格好をしたスクールスタッフが登場し、ゲレンデを滑走する。オープニング・セレモニーは9:00から。また、サンタクロースなど、クリスマスにちなんだコスプレで来園すると、当日の入園料が大人500円、小人250円割引される。

雪ゾリ・雪あそび専用ゲレンデのスノーランドでは、オープニングイベントとしてオリジナル雪だるまづくりを行う。専用の雪だるま製造器を使用し、全長50センチの雪だるまを簡単につくることができる。

また今シーズンは、新メニューも登場。加古川の「オクノのたまご」を使った朝食メニュー「オクノのたまごかけごはん」と、揖保の糸ブランドの中華麺を使った「揖保の糸の中華麺を使ったあんかけラーメン」が販売される。

六甲山スノーパークの営業期間は、2015年12月5日(土)~2016年3月21日(月)。営業時間は、9:00~22:00(21:30受付終了)。入園料は、デイタイムチケットが大人 2,100円、小人 1,050円、ナイターチケットが大人 2,600円、小人 1,550円。
《美坂柚木@CycleStyle》