アブサヤフに誘拐の男性、遺体で発見か…マレーシア

サバ州で今年5月に過激派グループ、アブ・サヤフの武装勢力に誘拐されフィリピンに連れ去られたバーナード・ゲン・テッドファンさんの斬首遺体が17日発見された模様だ。

エマージング・マーケット 東南アジア
サバ州で今年5月に過激派グループ、アブ・サヤフの武装勢力に誘拐されフィリピンに連れ去られたバーナード・ゲン・テッドファンさんの斬首遺体が17日発見された模様だ。

カリド・アブ・バカル警察長官は17日、事実確認を行っていると発表した。18日午後4時時点で安否は確認されていない。事実が確認された場合は、アブ・サヤフにより殺害された最初のマレーシア人となる。

フィリピン南部のホロ島のバランゲイ・ウォール・シティのマリナ・ストリートにおいて、切断された頭部が袋に入れられていたのを、17日午後8時半、路上を清掃していた清掃員が発見した。袋には「バーナード・ゲン・テッドファン」と書かれていた。

軍隊の医療チームがDNA鑑定を行うためにバーナード・ゲン・テッドファンさんの家族に連絡をとっているという。17日の午後4時頃に頭部を切断され、殺されたと見られている。
千田真理子

編集部おすすめのニュース