NTN、プレスコネクトスプライン・ハブジョイントが仏展示会で銀賞を受賞

自動車 ビジネス 国内マーケット

プレスコネクトスプライン・ハブジョイント
  • プレスコネクトスプライン・ハブジョイント
  • 授賞式の様子
NTNが開発した「プレスコネクトスプライン・ハブジョイント」が、10月にパリで開催された自動車部品・整備機器展「EQUIP AUTO 2015」にて、OEM・新技術部門のシルバートロフィーを受賞した。

EQUIP AUTOは、自動車アフターマーケットにおけるフランス最大規模の展示会。隔年開催ごとに、優れた新技術に対して部門別のイノベーションアワードを設定し、ゴールド、またはシルバーの各賞を受賞したメーカが会期中に表彰される。

NTNのプレスコネクトスプライン・ハブジョイントは、独自のプレスコネクト方式を適用することで、大幅な軽量化を実現したスプライン嵌合部にすきまのないハブジョイント。等速ジョイントと3世代ハブベアリングのボルト締結により、車両生産ラインで従来と同様の組立工程が可能な構造を実現した。

開発品は、大幅な軽量化により自動車の燃費向上やCO2排出削減に貢献するほか、スプライン嵌合部にすきまをなくしたことで、乗り心地やハンドル操作性が向上することなどが評価され、今回の受賞につながった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集