RC ロードスター でも「メディア対抗耐久レース」…痛ラジコンも登場

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

タミヤRCカーグランプリ「メディア対抗 ロードスター耐久レース」
  • タミヤRCカーグランプリ「メディア対抗 ロードスター耐久レース」
  • タミヤRCカーグランプリ「メディア対抗 ロードスター耐久レース」
  • タミヤRCカーグランプリ「メディア対抗 ロードスター耐久レース」
  • タミヤRCカーグランプリ「メディア対抗 ロードスター耐久レース」
  • タミヤRCカーグランプリ「メディア対抗 ロードスター耐久レース」
  • タミヤRCカーグランプリ「メディア対抗 ロードスター耐久レース」
  • タミヤRCカーグランプリ「メディア対抗 ロードスター耐久レース」
  • タミヤRCカーグランプリ「メディア対抗 ロードスター耐久レース」
静岡市駿河区のタミヤサーキットにて、電動RCカーシリーズの新製品「マツダ ロードスター」を使用した耐久レースが行われた。メディア関係各社の計13チームが参加し白熱した戦いを見せた。

1980~90年代にかけてテレビ番組「タミヤRCカーグランプリ」で使用された本格的RCコース「タミヤサーキット」。今年2月に路面舗装やレイアウトがリニューアルされ、非常にきれいなコースだ。ラジコンコースの聖地とも言えるこの場所で、ロードスターオンリーの1時間の耐久レースが初開催となった。

発売前のRCカー「マツダ ロードスター」1台が提供され、各チームはオリジナルのカラーリングを施し、様々なロードスターがエントリー。中には自社キャラクターをはり付けた唯一の痛車とも言える「痛ラジコン」と、初音ミクのコスプレレースクイーンも姿を現し、会場を沸かせていた。

メディア対抗ロードスター耐久レースは、実車を使用した4時間レースが行われており、今回はそのRC版とも言える。何と実車レースにも参加しているマツダチームも参戦し、和気あいあいとしながらも本気に取り組む様子が印象的だった。
《スタジオアール》

編集部おすすめのニュース

特集