関西で初、ドローン専用飛行場がオープン

航空 企業動向
ドローン(イメージ)
  • ドローン(イメージ)
日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、ブルーイノベーションは、無人航空機(ドローン)専用の飛行場「JUIDA・ATRけいはんな試験飛行場」を開設したと発表した。

無人航空機が急速に普及してきたが、4月22日の総理大臣官邸のドローン事件以降、国や自治体による無人航空機の飛行を規制する動きが加速している。9月11日には航空法の一部を改正する法律が公布され、空港周辺以外にも人口集中地区やイベント・催事エリアの上空が飛行禁止空域となる。

自治体で独自に飛行禁止エリアを制定するなど、無人航空機を自由に飛ばせる場所が限定されるようになってきた。

JUIDAでは、国際競争が激しい無人航空機の研究開発支援、人材育成を行うためには、全国各地に、開発機のテスト飛行や操縦者のトレーニングを行うための試験飛行場を用意することが重要と考え、5月にJUIDAの全国第1号の試験飛行場「物流飛行ロボットつくば研究所」を開設した。

今回、関西で初となる「JUIDA・ATRけいはんな試験飛行場」を開設した。試験飛行場開設に合わせ、JUIDAの関西地域部会がATRに設置される。また、ブルーイノベーションは、運営と技術面で協力する。

無人航空機は「空の産業革命」といわれるように、空撮、測量、点検、観測、監視、災害対策、通信、物流等さまざまな分野での活用が期待されている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集