物流のニッコン、ペナンに現地法人開設へ

物流のニッコン・ホールディングス(本社・東京)は6日、マレーシアに現地法人を設立することを決定したと明らかにした。

エマージング・マーケット 東南アジア
物流のニッコン・ホールディングス(本社・東京)は6日、マレーシアに現地法人を設立することを決定したと明らかにした。

アジア経済圏の事業拡大に向けた基盤を強化するため、マレーシア現地法人を設置し、事業拡大を図ることを目的としている。

子会社を開設するのは、ペナン州ペナン。会社名はニッポン・コンポ(マレーシア)となる予定。200万リンギを資本金として、11月中に子会社を開設し、来年4月に事業を開始する計画だ。ニッコン・ホールディングスの100%子会社となる。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース

  • 日本郵船、コロンビアに完成車物流拠点を合弁で新設…メキシコからの輸入拡大へ 画像 日本郵船、コロンビアに完成車物流拠点を合弁で新設…メキシコからの輸入拡大へ
  • カーメイト、結城工場と結城物流センターが冠水で操業停止状態に 画像 カーメイト、結城工場と結城物流センターが冠水で操業停止状態に
  • 日立、物流倉庫で商品を取り出す自律移動型双腕ロボットの制御技術を開発 画像 日立、物流倉庫で商品を取り出す自律移動型双腕ロボットの制御技術を開発
  • ZMP、物流業界を支援する台車ロボット「キャリロ」の受注を開始 画像 ZMP、物流業界を支援する台車ロボット「キャリロ」の受注を開始