エティハド航空、アブダビ=ムンバイ線にA380就航へ…来年5月

航空 企業動向

エティハド航空のA380
  • エティハド航空のA380
  • ザ・レジデンスのベッド
エティハド航空は2016年5月1日からアブダビ=ムンバイ線にエアバスA380を就航させる。

ムンバイはインド西部マハラシュトラ州の州都で、商業の中心地。ディベンドラ・ファドナヴィス州首相は、国際的に注目を集める州経済の規模を強調し、「マハラシュトラ州の観光産業と経済がA380就航によって成長することを楽しみにしている」と述べた。

エティハドのA380は、リビング、バス、ベッドルームを備えるスイート「ザ・レジデンス」に加え、ファーストクラス9席、ビジネスクラス70席、エコノミークラス415席からなる。ムンバイ線ではA380を1日1便で運航する。同路線はエティハドとジェットエアウェイズで1日5便を運航中。

A380の旅客輸送力は現在の機材(ボーイング777-300ER)を大きく上回る。ムンバイ線への就航により、インド、アブダビ、米国(ニューヨーク)に向かう観光客の増加が期待されている。ニューヨークは、ロンドン、シドニーと並ぶエティハドのA380ネットワークの一つ。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース