石油資源開発、英領北海鉱区の評価井テストで原油と天然ガスの産出に成功

自動車 ビジネス 企業動向

P1621/P1622シーガル鉱区位置図
  • P1621/P1622シーガル鉱区位置図
石油資源開発は、子会社を通じて探鉱権益を保有する、英領北海に位置するP1621/P1622シーガル鉱区で、評価井テストを実施し原油と天然ガスの産出に成功した。

同社は、2014年3月に、シーガル鉱区の15%の探鉱権益を取得した。

また、2014年に資源量確認のため、同社はオペレーターであるタリスマン・シノペック・エナジー・UK、アパチェ・ノース・シーとともに、評価井の掘削を実施した。

今回、評価井で産出テストを行った結果、日産8700バレルの原油と、1600万立方フィートの天然ガスの産出に成功した。

今後、オペレーターを中心に、今回のテスト結果や地震探査データに基づき、同鉱区の評価作業を継続する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集