「ゲームをスマホからとりもどす」…新宿駅に挑発的広告が出現

東京・新宿駅に掲出されている『うたわれるもの 偽りの仮面』の駅広告が話題になっています。

エンターテインメント 話題
新宿駅に巨大ゲーム広告、そこには「ゲームをスマホからとりもどす」の文章が
  • 新宿駅に巨大ゲーム広告、そこには「ゲームをスマホからとりもどす」の文章が
  • 新宿駅に巨大ゲーム広告、そこには「ゲームをスマホからとりもどす」の文章が
  • 新宿駅に巨大ゲーム広告、そこには「ゲームをスマホからとりもどす」の文章が
  • 新宿駅に巨大ゲーム広告、そこには「ゲームをスマホからとりもどす」の文章が
東京・新宿駅に掲出された『うたわれるもの 偽りの仮面』の駅広告が話題になっています。

『うたわれるもの 偽りの仮面』は9月24日に発売されたアクアプラスの最新作です。ジャンルはアドベンチャー+シミュレーションRPGで、シリーズは成人向けのPCゲームからスタート。その後、コミカライズ・TVアニメ・ネットラジオ・全年齢版の展開がほぼ同時に進行され、メディア展開による波及効果が話題になりました。

約13年ぶりとなる新作となる『うたわれるもの 偽りの仮面』でも似たような展開が行われており、2015年よりTVアニメの再放送とネットラジオの新番組を実施。2015年10月からは本作のTVアニメがスタートします。また広告展開としては、TVアニメの再放送枠や電車広告などでCMを放送。紙媒体がメインだった情報露出もネット媒体まで拡大。その甲斐あってか、発売5日目にして全ハード累計販売本数が10万本を突破しています。

そんな中話題になっいているのが、東京・新宿駅の広告です。場所は過去に『ドラゴンクエスト』のぷちぷち広告や、「サイコパス」のドミネーター広告が掲出された“東京メトロ 丸ノ内線 新宿駅 メトロプロムナード”(新宿東口側地下A9出口、アルタ地下入口付近)の一ブロック。

そこには「ゲームをスマホからとりもどす」「キミの青春とおこづかいをムダにはしない。」「このゲームはキミに何を残すのだろう。」といった広告が掲出されており、思わず立ち止まる通行人の姿が見受けられました。

新宿駅に巨大ゲーム広告、そこには「ゲームをスマホからとりもどす」の文章が

《栗本 浩大@INSIDE》

編集部おすすめのニュース