王子ホールディングス、マレーシアのラベル印刷会社買収

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシアの首都クアラルンプール(イメージ)
  • マレーシアの首都クアラルンプール(イメージ)
王子ホールディングスは25日、マレーシアにあるラベル印刷会社ハイパー・リージョン・ラベル(HRL)及びその関連会社の発行済株式の60%を取得する株式売買契約書を締結したと発表した。

王子ホールディングスは、東南アジアにおいてパッケージング事業や木材加工事業、紙おむつ事業、粘着ラベル事業を行っている。今回HRLの株式を取得することで、今まで手薄だった印刷分野に事業領域を拡大するための体制が整うことになる。またHRL社の技術やサービスが、王子ホールディングスが求める川下分野の強化に貢献することが見込まれている。

HRLは、ラベル印刷製品や紙器、パンフレット等の印刷・加工製品を製造販売している。偽造防止ラベルをはじめとする特殊ラベルにおける優れた技術を持っており、日系企業や多国籍企業の製品ラベルに多く採用されている。
広瀬やよい